Headline: Customizable

メニエール病に対する病気の知識を考える

皆さんは「メニエール病」というものをご存知でしょうか。
その名前だけは聞いたことがあるという方もまた多いかとも思います。
突然自覚症状を感じるようになったなどという方もいらっしゃるのですが、その原因さらには治療方法というものについて今回は見ていきたいと思います。
「病気の知識」として把握しておくとよいでしょう。

目の前がぐるぐると回り発作症状を起こす

メニエールとは、突然激しいめまいや吐き気といった発作症状がおき、目の前がぐるぐると回って立っていられないような状態になる病気です。
それは、日常生活にも大きな支障をきたす場合もあるでしょう。
また、頭痛や難聴を併発したり、身体が傾いているような感覚におちいることもあるのです。
「動く」という人間の基本的な動作がしにくい状態になってしまうといっても過言ではないでしょう。

内リンパ液が増え音を聞くのが困難になってくる

さて、メニエールの原因についてですが、残念ながら現代の医学でははっきりと分かっていないのが現状です。
しかしながら、内耳の中にある「内リンパ液」という成分が増えすぎているのもまた原因の1つではないかといわれているのです。

この内耳に内リンパ液が増えてしまうことによって身体のバランスがとれなくなってしまいます。
これがめまいの原因ともなるのです。
内耳には「音を聞く」という大きな役割をもっていますので、難聴の要因ともなってしまうわけです。

痩せ型で几帳面ならメニエール病になりやすいかも

もちろん、一概にはいえませんがメニエールは「痩せ型」で「几帳面」なタイプの人が発症しやすいともいわれているのです。
その理由ですが、ストレスがたまったり睡眠不足が続いて過労状態を招きやすいタイプだからという事が言われています。
ですから、上記のような体質・性格でなくても環境がタイトであるとメニエールになる可能性もあるというわけです。

そして、全ての要因がそろっていなくともどれか1つだけでも起こる可能性はありますし、異なる病因が症状を引き起こす可能性もまたあるわけです。

メニエール病の治療法について

病因が不明ですから、的確な治療を確定することは難しいといわざるを得ません。
しかしながら、内リンパ水腫があるのは確かといわれていますので、一般的なケースは、内リンパ圧を下げるためのお薬である「利尿剤」を用いて治療をすることとなるでしょう。

また、シアリス血流改善剤・ステロイド剤が良い作用を引き起こしてくれる可能性もあります。

めまいが起こっているという時には異常な前庭反射を抑圧するという意味合いで鎮痛剤を使用することもあるでしょう。

規則正しい生活を心がけることでメニエール病を防ぐ

メニエールのめまいの発作誘因としては、長期間にわたる精神的緊張・過労・睡眠不足なども考えられています。
このことでお分かりかと思いますが、生活習慣を改善し規則正しい生活を心がけること。
そして、ストレスを発散できる手段を用意しておくこと・上手に精神をコントロールすることなどが大切ともいえるでしょう。
少しでも肉体的・精神的に余裕ある生活を日常的に心がけていくことも大切なのです。

もし、不安があるという方においては早い段階で医療機関などに訪れて相談をしたり検査をするというのもまた良い方法といえるでしょう。

名前を知っているというばかりではなく、その症状や考えられる原因について知っておくこともまた重要といえるでしょう。
自分は大丈夫という意識を持っている方も多いようですが、万が一という事も充分に考えられますので抑えておきたい知識ともいえるのです。